スポンサーサイト


   
ゲルカヤノ22

フラット着地を心掛けて走っている私にピッタリ

ランナー歴:7年(上級者レベル)
年齢:48歳
性別:男性
フルマラソンタイム:3時間49分
ウルトラマラソン100km:12時間10分
愛用ランニングシューズ:「アシックス ゲルカヤノ22

私がゲルカヤノをお勧めする理由。

アシックス最高のクッションと言われるとおり、履き心地はソフトかつしっかりした感触があります。

私はゲルカヤノ19から履き始めて、4シリーズ目ですが信頼感バッチリのクッションと同時に、22では軽量化にも成功しています。

クッショニングを良くするためにアシックスの持つテクノロジーをこれでもかと投入しているのでどうしても重量は重くなります。
クッションと重量という相反する問題にもゲルカヤノ22では対応できているところに最高峰の位置づけシューズの貫禄とメーカーの妥協のない姿勢を感じます。

実際にこれまで、ゲルカヤノをメインで履いています。

過去に走ったウルトラマラソン5本はすべて同シューズで挑戦しました。

同じアシックスの定番シューズであるニューヨークシリーズがかかとにGEL1つに対して、ゲルカヤノは前足部とかかとに2つのGELを搭載しているため、履いた瞬間にその素晴らしいクッションと他のシューズとは違う感触を体感することが出来るシューズです。

私自身はフラット着地を心掛けて走っているので、クッション性能はもちろんのこと、地面からの反発をうまく活かす点においても優れたフィーリングを持っていると思います。

同じ距離やペースで走ったときに、他のシューズよりも明らかに脚への負担が少ないので一度履くと手放せなくなるシューズですね。

私は体重が重めのランナーなのでなおさらその恩恵を受けています。

LSDやウルトラマラソンなど長時間にも相性抜群ですね

サブ4クラス以上のランナーがフルマラソンで自己ベストを目指すときは、もう少し軽量なモデルのシューズでもいいかなと思いますが、LSDやウルトラマラソンなど長時間のレースではゲルカヤノの持つ安定感は随一のものです。

ネックとなるのは、性能に比例して高くなっている価格でしょうか?

特に、私のように100kmウルトラや60km走などを行うランナーには脚を守ってくれる安心感はありますが、ソールの磨耗も早くなるのでコストはかかってしまいます。

しかしながら、最高のクッションで走りをサポートしてくれる安心感と期待を裏切らない履き心地はアシックスシューズの中では最高レベルであり、やっぱりこれからも履き続けるだろうなと感じています。
初心者ランナーのみならず、万人におすすめできるシューズだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ

関連記事

初心者用ランニングシューズ 人気ランキング5

人気の記事

  1. FRESH FOAM VONGO
    男、23歳で、ランナー歴は1年無いくらいでかなりの初心者です。 一度ハーフマラソンに参加しまし…
  2. タ―サージャパン
    フルを3時間50分、ハーフを1時間40分、私が愛用しているのは・・・ 私は59歳の市民ランナー…
  3. アシックス スカイセンサー
    66歳男性、中上級レベルの私はアシックス専門です。 ランナー歴:36年(中上級者レベル) 年…
  4. 憧れのフルマラソンを完走しよう♪ 初めてのフルマラソン。 完走できるか不安ですよね。 …
  5. ソックダート
    超快適な履き心地が魅力の【NIKE SOCK DART (ソックダート)】 今までにない、…
  6. 最近大流行のベアフットランニングとはいったい何? 最近ランナーたちの中でよく聞くキーワードが「…
  7. ゲルカヤノ22
    フルマラソン用新モデル 【GEL-KAYANO22(ゲルカヤノ 22)】レビュー 2015年9…
  8. ルナグライド7
    初心者に超オススメ【ナイキ LUNAR GLIDE(ルナグライド)7】 高弾性のミッドソー…

最近の投稿

ページ上部へ戻る